教育について
5つの教育方針。

自ら進んで課題を見つけ、友達の気持ちを思いやることのできる子供に育つことを目指します。

園の立地を十分に活かし、豊かな自然の中で環境をじっくり観察することで、好奇心や探求心を大きく育てます。

「なぜだろう?」「どうしてかな?」子ども達に日々沸き起こる小さな疑問を見逃さず、一緒になって考えていきます。

自分の考えを表現し、相手との意思疎通を図れるようになることが集団生活の第一歩。当園では、ことばカードや絵本を活用してことばも表現力も豊かな子どもに育てます。

夢や目標は人間の成長に欠かせない原動力。多彩なカリキュラムと教材で、幼いころから「こうなりたい」という目標を発見できる環境を提供します。

私たちが考える幼稚園。

幼稚園は、学校教育の入り口として子供たちを教育する場です。法律上も幼稚園は学校に分類されます。保育園の先生は保育士といい、幼稚園では「先生」(幼稚園教諭)と呼びます。その資格も保育士免許が厚生労働省より交付されるのに対し、幼稚園教諭免許は文部科学省より交付されます。
でも大東幼稚園は学校だからといって形式的な勉強をするところではありません。楽しい遊びの中で、健康、人間関係、環境、言葉、表現の5つの観点から指導がなされるところです。

子供は2歳過ぎから友達を求めるようになります。友達との遊びの中で、真似をしたり、自分と比較したりの経験を積むことで、自分を知ります。幼稚園では同じ年齢の子供達の中で、自分もやってみよう、負けずに頑張ろうと自発的に行動する心を自然に芽生えさせることができます。

繰り返しになりますが、子供たちが遊んでいればいいいとう自由保育ではありません。小学校進学前の重要な指導目標として、必要なときにはちゃんと椅子に座り、先生の話を聞ける態度の育成があります。そうした指導は、専門教育を受けたものでないとなかなか難しいものです。

大東幼稚園では、フラッシュカードなどを使い、瞬間的な考え・記憶などの教育を行います。また幼児期だからこそ色々な経験をしてほしいと考え、スイミングスクール、課外のサッカークラブ、チアダンス、体操クラブ、インターナショナルデイ(異文化交流)、ピアノ教室、お泊り保育、運動会、夏祭り、お芋堀り、お遊戯会など様々なアクティビティを用意しています。

多彩な保育活動。

幼稚園に近いアレックススイミングスクールと提携し水泳指導を行っています。水泳は健康面や運動能力の発達に非常に効果的であるばかりではなく、脳の空間認知能力を高めることにつながるため、脳の発達の支援になることがわかっています。

広い園庭に配置された鉄棒・うんていなどの安田式遊具を使ってサーキット運動をします。安田式遊具は、先生が見守る中で遊び、子供の脳の発達と身体活動の向上の相乗効果を引き出すことを目的とした「教育用遊具」です。「1人ずつ順番に・・・」ということがないので、退屈せずに自分のペースで進られます。卒園までに全員が、鉄棒で逆上がりできるようになること目標にしています。

幼稚園の仲間と一員として、全員に役割を持たせます。日直、給食当番、お掃除。先生の手伝いをしたり人前で話したり・・・。何かをする経験は、勇気や自信・責任感を育てていきます。

専任の講師による体育教室は、子供たちに大人気。跳び箱、なわとび、マット運動など体操器具に慣れ、体を動かす楽しさを学んでいきます。

30分程度で半紙2~3枚書きます。文字を上手に書くことに重点を置くより、子供らしくのびのびとした表現ができるよう指導をしています。姿勢も心も正して取り組むことで、集中力・忍耐力が養われます。

専門講師による石井式国語教育を毎週金曜日に実施。漢字の絵本を使い、言葉の発達を促す授業です。また、朝の活動でもクラス全員で大きな声でカードを読みます。毎日の継続で漢字や漢字交じりの文が読めるようになります。

外国人講師による英会話で楽しく英語に親しみます。近年の英語教育に対する関心の高さをふまえ、語彙力を高めるための映像を使った教材を中心に進めていきます。とても楽しいアクティビィティで子供たちを英語好きにします。

声を出すことにより心肺機能を刺激しますし、腹筋・背筋を使って大きな声を出すことは、脳機能も活性化させます。子ども達は自ら発信することは楽しいことと感じることができ、みんなで一緒に歌うことで、お友だちと合わせるという関わりのなかから一体感を感じることもできます。

学校法人永田学園

大東幼稚園

〒357-0062 埼玉県飯能市永田530番地
TEL:042-975-1550
FAX:042-975-1556
MAIL:nagata@daito.ed.jp